院長挨拶

ご挨拶

院長写真

 
 このたび山内メンタルクリニックから「木洩れ日こころのクリニック」と名称変更いたしました。平成23年に山内メンタルクリニックを引継ぎ8年が過ぎ、新たなステップを踏む時期と判断しました。電子カルテ、院外処方への切り替えというシステム変更もあり、患者様にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
 
 さて、近年増大し続けるこころの病には様々な理由が考えられます。その中で私が気になっている点についてお話したいと思います。

 メンタル疾患の中でも急増しているのは、広くストレス疾患です。
 現代人はとかく雑事が多すぎます。しかも当人に雑事との認識は薄く、「やらなければならないもの」になっています。なぜでしょう?雑事は他人の期待に添うために、やらなければ他人を失望させるもの、他人に迷惑をかけるもの、場合によっては他人を怒らせるもの、と捉えられてしまいます。 だからやるしかありません。その結果単なる雑事が「重大事もどき」に変わるのです。そして現代人は「重大事もどき」に囲まれて窒息寸前なのです。
 「重大事もどき」を葉っぱに例えると、現代人は生い茂った葉っぱに覆いつくされて日差しが入ってこない暗闇の中にいると言えるでしょう。しかしはっきり言います。この世は雑事だらけ、否、雑事しかありません。「重大事もどき」が単なる雑事に戻れば、光が差し込むようになります。暗闇の世界から抜け出すことができるのです。

皆様は本当の自分を生きていますか?
さまざまな要求をしてくる他人に応えるだけの人生になっていませんか?

 アンテナを外から内に向け変えましょう。もちろん簡単なことではないかもしれません。これまで外的な報酬で生きてきたわけですから、それを我慢して内面に向き合っても、そこには虚しさしかなく、怖くなって外的生活に戻っていくことになるかもしれません。たとえそうであっても、それを繰り返してほしいと思います。必ず、時がきます。内的な報酬が得られる時が来ます。なぜなら、それは無いのではなく気付いていないだけだからです。
 
 皆様が御自身を知り皆様らしく生きていけるように、一生懸命お手伝いさせていただきます。
                                                                                小林 弘幸

小林院長のプロフィール

[名前]
小林 弘幸
[略歴]
平成 3年 富山医科薬科大医学部 卒業
平成 5年 名古屋大精神科 入局
平成 7年 名古屋医療センター 勤務
平成12年 大湫病院勤務
平成23年 山内メンタルクリニック院長 就任
令和 元年 木洩れ日こころのクリニック院長

大学、総合病院、精神病院、クリニックを通して、うつ病、神経症、統合失調症、依存症、認知症など様々な患者さんを診てきました。微力ながら「一隅を照らして」いきたいと思います。
資格等
精神科専門医
精神保健指定医
精神保険医